ストーンシート

概要

「Stone-Sheet」は、地球環境を守る為に、紙に代わるものとして開発されました。
紙は、この世に無くてはならないものですが、そのためには、たくさんの木材を伐採して繊維を取り出さなければなりません。また、紙を漉くためにたくさんの水を使わなければなりません。更には、酸やアルカリの化学添加剤を使います。そのため、排水は汚れて環境を破壊して参りました。残念ながら地球環境の犠牲の上に紙は生まれております。
そこで"地球環境をもっと大切に"をモットーに生まれたのが「Stone-Sheet」です。「Stone-Sheet」は、PE・PPなどの化学繊維に炭酸カルシウムCaCo3を微細粉化して、電気加熱でコーティングしたものをベースとし、さらにその上に表面コーティングしたものです。紙シートとして、一般の紙と同じように使えます。

リサイクルが容易です

工場内(構内)リサイクルプロセス

S-Sheet (Stone-Sheet) (LM紙製品)は古紙をペレット状にすることにより再利用が可能です。ペレット状にされたものは、カラー紙製品に利用することができます。反対に、従来のパルプ紙再利用の工程では、脱インキ、木質分解、そして、漂白、といった煩雑な工程を経なければなりません。そして、この工程において、大量の水が必要なのです。S-Sheet (Stone-Sheet) (LM紙製品)の再利用技術は工程がシンプルなだけでなく、資源の無駄を減らすことができるのです。

プラスチックとのリサイクル

さらに、RMPはプラスチックと一緒にリサイクルすることが可能です。RMPは ペレット状に戻すことができ、カラービニール袋、植木鉢、バケツなどを製造するPE工程で使用される添加剤となるのです。

火炉

焼却の際には、非毒性樹脂は燃焼され、なんとRMPは粉状に戻るのです!有毒なガスは発生せず、また二酸化炭素はごく微量しか排出されません。温室効果を効率的に減速させることができます。

光分解が可能

S-Sheet (Stone-Sheet)(LM紙製品)は光分解が可能です。厚さ200μmのS-Sheet (Stone-Sheet)(LM紙製品)サンプルを使った実験によると、S-Sheet (Stone-Sheet)(LM紙製品)はおよそ6カ月間直射日光にさらされると、たまごの殻のようにもろくなることが分かりました。S-Sheet (Stone-Sheet) (LM紙製品)は日光を避けた家などの屋内で保管された場合、生物分解は起こりません。紙を屋外で6カ月間以上使ったらどうなるのか、という疑問もあるでしょうが、その点は解決済みであり、UV遮断剤により光分解のスピードをコントロールすることができます。光分解が可能な紙により、廃棄物管理の心配をしなくてもよくなります。光分解スピードの適切なバランスを調節することは非常に重要となってきますが、今日のテクノロジーにより、それも可能なのです。

リサイクルが容易です

工場内(構内)リサイクルプロセス

S-Sheet (Stone-Sheet) (LM紙製品)は古紙をペレット状にすることにより再利用が可能です。ペレット状にされたものは、カラー紙製品に利用することができます。反対に、従来のパルプ紙再利用の工程では、脱インキ、木質分解、そして、漂白、といった煩雑な工程を経なければなりません。そして、この工程において、大量の水が必要なのです。S-Sheet (Stone-Sheet) (LM紙製品)の再利用技術は工程がシンプルなだけでなく、資源の無駄を減らすことができるのです。

プラスチックとのリサイクル

さらに、RMPはプラスチックと一緒にリサイクルすることが可能です。RMPは ペレット状に戻すことができ、カラービニール袋、植木鉢、バケツなどを製造するPE工程で使用される添加剤となるのです。

火炉

焼却の際には、非毒性樹脂は燃焼され、なんとRMPは粉状に戻るのです!有毒なガスは発生せず、また二酸化炭素はごく微量しか排出されません。温室効果を効率的に減速させることができます。

光分解が可能

S-Sheet (Stone-Sheet)(LM紙製品)は光分解が可能です。厚さ200μmのS-Sheet (Stone-Sheet)(LM紙製品)サンプルを使った実験によると、S-Sheet (Stone-Sheet)(LM紙製品)はおよそ6カ月間直射日光にさらされると、たまごの殻のようにもろくなることが分かりました。S-Sheet (Stone-Sheet) (LM紙製品)は日光を避けた家などの屋内で保管された場合、生物分解は起こりません。紙を屋外で6カ月間以上使ったらどうなるのか、という疑問もあるでしょうが、その点は解決済みであり、UV遮断剤により光分解のスピードをコントロールすることができます。光分解が可能な紙により、廃棄物管理の心配をしなくてもよくなります。光分解スピードの適切なバランスを調節することは非常に重要となってきますが、今日のテクノロジーにより、それも可能なのです。